リビングチェアの選び方のポイント

  • ソファーに使われる素材の特徴

    • ソファーの素材は主にファブリック・合成皮革・本革の3種類があり、使い勝手はもちろんデザイン性が異なります。

      全ての面で優れた素材は存在せず、それぞれにメリットとデメリットがあります。

      ファブリックは、馴染みやすく温かみのある素材です。

      色やデザインなどの種類が豊富で、柄付きを楽しめるのもファブリック素材の特徴です。


      肌触りが優しいため、寒い季節にソファーに座った時でもヒンヤリした感触になりません。


      また、伸縮性に富んでいることから、ソファーに座る・立つの動作を繰り返すことによる劣化が少ないのもメリットです。

      一つ上のソファーについて考えます。

      デメリットとしては、摩擦に弱いため使用するうちに擦れて生地が薄くなっていきます。


      汚れや水分にも弱く、カバーを外して洗濯できるタイプならいいのですが、カバーを外せない場合は飲み物などをこぼさないように気を付けましょう。
      合成皮革は人工の革素材のことで、本革と比べて安価ながら、近年の技術向上により本革との大差がないほど質が向上しています。


      人工素材なので汚れに強く、お手入れに中性洗剤を使うことができます。色やデザインも、ファブリックほど多彩ではありませんが、本革よりもバリエーションが豊かです。

      本革と比較すると耐久性には劣り、通気性もよくないという弱点もあります。本革はしっとり上質な肌触りで、高級感がありインテリアとしても最適です。



      本革は使い込むほど味わいが出て来るのが特徴です。
      きちんとメンテナンスをすれば、耐久性に優れる本革はとても長持ちします。デメリットは価格の高さと、耐久性に優れる一方で水に弱いため、飲み物をこぼしたりすると、シミとなってしまうことがあります。



top